プチ断食

週末を使ってプチ断食

朝食を抜くプチ断食、そして朝食と昼食を抜く半日のプチ断食にも慣れたら、週末に断食をしてみましょう。ただし「週末」と言っても、土日をずっと食事抜きで過ごすわけではありません。

 

プチ断食が「朝食のみ」から「朝食・昼食抜きの半日」と進んできたら、次は「丸一日の断食」に進みます。終日の断食をするには、その前後1日ずつを準備と回復に当てる必要があります。
全部で3日間かかるので、仕事や学校がお休みの週末に行うのが良いということなのです。

 

しかし、週末には遊びに誘われることもあるかもしれません。せっかくの週末断食が中断することにならないよう、あらかじめ周囲の人たちに断食宣言をして、週末断食を成功させましょう。

 

週末プチ断食の方法

では、金曜日から月曜日までの「週末プチ断食」についてご紹介します。

  1. 金曜日

    昼食はいつもの量の70%、夕食は50%程度にします。
    また、金曜日のうちに断食中に飲むジュースの材料をそろえておきましょう。

  2. 土曜日

    断食本番。朝食、昼食、夕食の3食とも食事はジュースに置き換えます。
    水分不足にならないように、一日を通して水分摂取を心がけ、なるべくリラックスして過ごしましょう。

  3. 日曜日

    朝食はいつもの量の30%、昼食は50%、夕食は70%程度にします。
    回復食の日なので、お粥が理想的でしょう。

  4. 月曜日

    朝食は、回復食をいつもの量の70%ほど、昼食は普段どおりに食べます。

 

断食本番の土曜日はジュースを3回飲みますが、3回とも同じではなく、材料に変化をつけるのがオススメです。ビタミンやミネラルをバランスよく摂るためにも、いろいろな野菜やフルーツを取り混ぜましょう。

 

 

<Sponsored Link>