プチ断食

プチ断食中に適した運動

プチ断食中に激しい運動はできませんが、有酸素運動は脂肪の燃焼を促すので、ダイエットにも効果的です。

 

プチ断食中でもできる有酸素運動としてはウォーキングがあります。ウォーキングは歩いているだけのように見えるかもしれませんが、きちんとやれば筋肉も鍛えられる運動です。筋肉を鍛えると、運動も体温が上がり、エネルギーを消費します。

 

運動が嫌いな人でも、ウォーキングなら始めやすいので、取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

ウォーキングがダイエットに良いと言われているのは、下半身の筋肉に直接働きかけるからです。人間の筋肉の70%が集中する下半身の筋肉が鍛えられるので、ダイエット効果も出やすくなるのです。

 

ほかに、踏み台昇降やスクワットなども下半身の筋肉を集中的に鍛えることができますし、足裏を刺激すると血行が良くなります。
ただし、プチ断食中は空腹でつらいこともありますから、無理をせず、断食を終えてから実践してみましょう。

 

また、運動だけではなく、筋肉をほぐしてリラックスさせる腹式呼吸をしてみましょう。

  1. 椅子に座って、肩の力を抜きましょう。
  2. 下腹を膨らませるように、5秒ほどかけて鼻から息を吸います。
  3. 吸い込んだ時間の3倍(15秒)かけて、ゆっくり少しずつ口から息を吐きます。

 

腹式呼吸は、肩や首まわりの凝りをほぐして疲れを解消します。
毎日の生活の中で2〜3回は腹式呼吸をしながら、あわせてプチ断食に成功する自分を具体的にイメージするイメージトレーニングもすると、効果がアップします。

 

 

<Sponsored Link>