プチ断食

プチ断食を成功させるコツ

朝食抜きのプチ断食から半日断食、さらに一日断食へと進むと、「プチ」とはいえ空腹になり、それなりにつらさも増してきます。このつらさを乗り越えてこそダイエットに成功するので、いくつかのコツをご紹介します。

 

プチ断食に成功するには、空腹のつらさを克服する必要があります。プチ断食では、食事がわりに野菜やフルーツのジュースを飲みますが、ジュースを飲むときは、ゆっくりと噛むようにして飲むと、満腹感が得られます。

 

あと、口に食べ物を入れたら30回は噛むこと、1回の食事に20分以上の時間をかけてゆっくり食べることを目標にして、回復食でも実践しましょう。

 

それから、断食中はミネラルウォーターで水分補給を心がけます。基本的にはどの水でも良いのですが、健康面を考えてミネラルを多く摂取できるミネラルウォーターを飲みましょう。

 

また、家の中でじっとしていると、余計に空腹感を感じやすくなります。気分転換のためにも、ウォーキングやミニ散歩など、ごく軽い運動を取り入れると、気分もスッキリします。

 

普通の食事をしていないのに運動なんて…と思われるかもしれませんが、プチ断食は、本格的な断食と違って、期間が短いので、心配は要りません。また、ジュースからビタミンやミネラルを摂っているので、運動するエネルギーもあります。

 

むしろウォーキングのような有酸素運動は脂肪を燃焼させるので、プチ断食との相乗効果も期待できます。

 

有酸素運動は他に水泳もありますが、プチ断食中の運動としては身体への負担が大き過ぎます。余り体力を消耗することなく、プチ断食のつらさを紛らわすには、手軽にできるウォーキングが適しています。

 

 

<Sponsored Link>