プチ断食

プチ断食の回復食おかゆ

プチ断食の後は、すぐにいつもどおり食べてはいけません。プチ断食で休息状態になっている胃に、いきなり食べ物を入れると胃がビックリしてしまうからです。胃のあたりがギュッと縮んだように感じたり、痛みを感じたりします。

 

プチ断食の間はジュースしか飲んでいないので、胃はほとんど活動していません。その状態から戻るには、胃に負担がかからないものを少しずつ食べて慣らしていきます。このようなプチ断食後の食事を「回復食」といいます。

 

回復食に最適なのはお粥ですが、理想は玄米のお粥です。お粥は胃にやさしく、玄米は栄養価が高いので、ダイエット目的のプチ断食には玄米粥の方が効果的です。

 

また、断食中に消費された塩分を補うため、梅干しや漬物も少し加えると良いでしょう。あと、タンパク質も必要なので、味噌汁もつけましょう。味噌汁は塩分もタンパク質も摂取できます。

 

それから、玄米粥に小豆を混ぜてあずき粥、カボチャを加えて南瓜粥にするのも美味しいです。シソの葉を刻んで散らしたシソ粥など、回復食の工夫ができると、プチ断食も楽しくなります。

 

回復食を食べるのはプチ断食の後ですが、食べる量や回数は、断食をしていた期間によって違います。朝食と昼食をジュースにする半日のプチ断食をしたら、その日の夕食を回復食にします。

 

週末に1日3食をジュースのみで過ごす1日断食の場合には、断食明けの丸1日と、その翌日の朝食までを回復食にします。例えば、土曜日にプチ断食をした場合、日曜日の3食と月曜日の朝は回復食になります。

 

なお、プチ断食をした後の回復食だけでなく、断食をする前も、食べ過ぎ、飲み過ぎないように気をつけましょう。

 

 

<Sponsored Link>