プチ断食

内臓を休ませるプチ断食

プチ断食は胃や小腸を休ませることになるので、知らず知らずのうちにたまっていた内臓の疲れを解消することができます。

 

一日の生活の中で食べることに多くの時間を費やしている場合、胃や小腸は消化吸収のために、常に動いていて、かなりの負担がかかっています。時には、その負担が原因で調子を崩してしまうこともあります。胃の調子が悪くなると、腎臓や肝臓への負担が増えてしまいます。

 

このようにして、さまざまな内臓や器官が影響を受けていると考えられるので、一たん休ませて不調や疲れを解消するのが望ましいのです。

 

そこで、プチ断食で消化吸収活動をしなくてもよい状況にします。
まずは胃や小腸を休ませることで他の器官の負担が軽くなります。これはもちろん心臓も例外ではありません。

 

心臓への負担が減るということは、脳にも影響を与えます。甲状腺・副甲状腺・視床下部・下垂体・副腎など、内分泌に関わる部位にも余裕が生じるので、心身ともにリラックスすることができるのです。

 

中でも、興奮を司る交感神経の活動が抑えられ、休息をもたらす副交感神経が活動するようになるので、精神的に安定してきます。このような心理面の変化も、ダイエットや健康維持には大切なことです。

 

プチ断食をすることで、飽食、過食になりがちな食生活を見直すことができます。どのくらい食べるのが自分にとって適量なのかをしっかりと考えて、体の中から元気になって、健康的なダイエットを目指しましょう。

 

 

<Sponsored Link>