プチ断食

プチ断食で花粉症対策する

プチ断食が花粉症対策に有効な方法ということをご存じでしょうか。
プチ断食をすることで、花粉が体内に入り込んできても負けない体質を作るのです。

 

では、なぜプチ断食で、花粉症を撃退できるのでしょうか。
花粉症というのは、粘膜で起きているアレルギー反応です。花粉に限らず、アレルギー症状は、アレルゲンが腸管粘膜から入り込んでしまうことで起きます。

 

本来、腸管粘膜には免疫機能があるので、細菌やアレルゲンとなる物質などの侵入は防ぐことができます。しかし、何らかの原因で粘膜が荒れると、免疫機能が低下して、体に悪影響を及ぼす細菌やアレルゲンが入り込んでしまうのです。

 

この「粘膜を荒らす原因」として挙げられるのが「カンジダ菌」という悪玉菌の一つです。カンジダ菌は、普段から腸やその他の消化器官、口腔内、膣内にある常在菌で、空気中にも存在しています。

 

腸内環境が正常であれば善玉菌のパワーで抑えられていますが、腸の働きが弱って善玉菌が減ると、カンジダ菌などが優勢になってしまいます。その増えたカンジダ菌が腸管粘膜を荒らして、免疫力を低下させます。

 

腸を回復させて善玉菌を増やすには、少し腸を休ませると良いのです。そこで、プチ断食をして腸を休ませて免疫機能を復活させましょう。

 

花粉症対策は、花粉を体内に入れないようにすることも大切ですが、入ってきたとしても、それを撃退する強さを持つことも大切です。腸内環境を整えることで、実現していきましょう。

 

 

<Sponsored Link>