プチ断食

プチ断食の失敗を防ぐには

ダイエット目的のプチ断食は、最後までやり遂げることができずに失敗してしまう人もいます。途中でダメになるのは、断食中に我慢できなくなったり、回復食のときに失敗するからです。

 

ジュースだけのプチ断食を乗り切った途端に緊張の糸がプツリと切れて、少しずつ進めるべき回復食のときに、たくさん食べてしまうのです。
このような失敗を防ぐには、最後まで気を抜かないように心がけることです。プチ断食中は自分自身を厳しく律しなければいけません。

 

そこで断食前には精神面も鍛えましょう。よくオリンピック選手が試合などの前に行っている「イメージトレーニング」がプチ断食の成功にも役立ちます。

 

このイメージトレーニングは、もともとは宇宙飛行士の訓練に行われていたので、その効果は確かと言えるでしょう。実際に、断食の専門施設ではイメージトレーニングを取り入れているようです。

 

イメージトレーニングでは、自分の中のマイナス思考をプラス思考に変えていきます。プチ断食におけるマイナス思考とは「たぶん失敗する」「もともとできるはずがなかった」などで、プラス思考はダイエットに成功してほっそりした自分を想像することです。

 

このイメージトレーニングは頭の中でボーッと考えているだけではいけません。楽な姿勢で椅子に座り、筋肉が緊張しないように体全体の力を抜いて、ゆっくりと腹式呼吸をしながら、ダイエットをやり遂げた自分をイメージします。

 

プチ断食はダイエットのほか、美容、体質改善、健康増進など、さまざまな効果が期待できるので、失敗を防ぐために、イメージトレーニングを活用しましょう。

 

<Sponsored Link>