プチ断食

冷え性や腰痛対策にプチ断食

冷え性に悩まされている人は、かなり多いのではないでしょうか。冷え性は、悩まされながらも「手足が冷たいだけだから我慢しよう」と考えがちです。

 

しかし冷え性の人は、肩こりや腰痛も抱えているケースが多く見られます。これは、体が冷えている状態を自律神経がキャッチして、体温を保つために血管や筋肉を収縮させる指令を出してしまうからです。

 

このような筋肉の緊張状態が続くと血行が悪くなり、やがて疲労物質の乳酸が蓄積してきます。そして乳酸の蓄積が、肩こりや腰痛を引き起こすのです。

 

そもそも、この「冷え」の原因になっているのは、老廃物が溜まってスムーズに血液が循環していないことです。つまり血液がきちんと循環するようになれば冷えが解消して、肩こりや腰痛もなくなると言えます。

 

そこで冷え性対策としても有効なのがプチ断食です。プチ断食をすると、消化吸収に使われていたエネルギーが排泄活動に使われるようになります。

 

すると、新陳代謝が活発になり、血液にたまった老廃物の燃焼も促されます。老廃物が燃焼してなくなれば、血液はサラサラになるので、スムーズに循環するようになります。また、この老廃物の燃焼で体温が上昇するのも、冷え性の改善効果を高めます。

 

新陳代謝が高まって血液循環も良くなると、肌の細胞の隅々まで栄養素が届くようになりますから、若返り・美肌効果ももたらします。

 

プチ断食で体の中をきれいにすることで、冷え性、腰痛や肩こりの悩みを解消し、さらに美しい肌も手に入れましょう。

 

 

<Sponsored Link>