プチ断食

頑固な便秘も解消するプチ断食

プチ断食は、善玉菌を増やして腸内環境を整える効果があるので、慢性的な便秘に悩む人に是非取り入れてもらいたいです。

 

便秘の人の腸には、善玉菌よりも悪玉菌の方が多いため、腸の活動がスムーズにいかない状態になっています。便を出すための活動が腸に負担をかけて免疫力が低下し、そのせいで悪玉菌の繁殖を抑えることができないという悪循環に陥っています。

 

この悪循環を断ち切るには、プチ断食によって、一たん腸を休ませて元気を取り戻しましょう。
腸が元気になれば免疫力も上がって、悪玉菌を抑えることができます。そして悪玉菌よりも善玉菌が多い環境になっていきます。

 

プチ断食で腸内環境が整えば、便通がスムーズになって、バナナ状、トグロ状の良い便が出るようになるはずです。便通が正常な状態というのは個人差がありますが、一般的には「回数は1日に1〜4回ほど、量は1日に400g前後の良い便が出ること」と言われています。

 

つまり、毎日1回は必ず出ているとしても、便がコロコロの状態なら便秘として対策を考えましょう。また、においがひどい場合も、腸内環境が悪い可能性が高いと思ってください。

 

便秘に悩む人は多いのですが、特に何もせずにいる人も少なくありません。腸にいつまでも便が溜まった状態になると、大腸から有害物質が吸収されて、ほかの内臓器官などに悪影響を及ぼすこともあります。

 

健康のためにも、プチ断食で腸内をきれいにして、便通がスムーズにいく状態にしましょう。

 

 

<Sponsored Link>