プチ断食

プチ断食中の入浴方法

本格的な断食では入浴を控えますが、プチ断食では入浴をしても問題ありません。

 

入浴は、新陳代謝を活発にし、血行を良くして発汗を促すので、ダイエット効果を高めるのに役立ちます。蓄積していた老廃物や環境ホルモン物質が排出され、体全体がスッキリしてきます。これはプチ断食中でも同じです。

 

ダイエットには、熱めのお湯に肩までしっかり浸かるよりも、ぬるめのお湯に時間をかけてゆっくり入る半身浴の方が向いています。

 

半身浴は、胸の下あたりまでのお湯に、できれば20分以上ゆっくり入って下半身を温めます。下半身を温めると血行が良くなり、腎臓も温まるので、利尿効果が高まるメリットもあります。

 

半身浴をすると、かなり発汗するので、ミネラルウォーターなどを持ち込んで小まめに水分補給をしましょう。
あと、肩にかけるタオルがあると、寒い時期でも上半身が冷えるのを防ぐことができますから、肩かけ用のタオルと、ミネラルウォーターをバスルームに持ち込むと良いですね。

 

それから、プチ断食中には足浴もおすすめです。下半身の太さや足のむくみに悩んでいる人には特にやってもらいたい方法です。

 

足浴の方法はとても簡単で、お湯を入れたバケツか洗面器に両足首を入れて10〜15分ほど温めます。このとき、お湯の温度は42度くらい、足が少し赤くなるくらいが適温です。お湯は少しずつ冷めてしまうので、熱いお湯を横に用意して、やけどに注意しながら「差し湯」をしてください。

 

足浴も、半身浴と同じように、下半身が温まって腎臓の血流が良くなるので、排尿が増えます。
お湯に1個分のおろし生姜や自然塩を一つかみ入れると、より発汗効果が高まり、血行も促進されます。

 

ダイエット中はもちろん、半身浴や足浴で下半身を温めると、身体の芯から温めることができて、不要なものが排出されます。美肌にもつながるので、バスタイムを上手に利用しましょう。

 

 

<Sponsored Link>